『鰤王』について

長島町のブリ『鰤王-ぶりおう-』は、日本一の生産量を誇ります。その生産量は年間約1万2千トンにも上り、国内・海外と世界中で食されています。
1980年から続く原産地は、東町漁協の港から目が届く前浜です。一年間を通して見守られるブリ。稚魚(モジャコ)から出荷まで、漁場で一貫される養殖によって『鰤王』となります。
ブリ養殖は生産者組合員が家族総出で育みます。病気・赤潮・台風などによる影響は、組合員の家計に直結しており、ブリの育成・環境管理には万全を期しています。組合員の子どもたちも仕事を手伝い、愛着と責任ある養殖が代々続いています。


『鰤王』ブランド

『鰤王』は、鹿児島県・長島町の特殊な「漁場環境」と、稚魚から親魚にまで育てあげる計り知れない「愛情」、そして魚を新鮮・安全に出荷する「加工技術」があってこそ、生み出されるブランドです。

『鰤王』ORIGINAL

三大要素

高いクオリティ

肉質だけではなく「安全性・鮮度保持性・美味しさ・栄養性・機能性」等、総合的にこだわりました。

養殖ブリの王様

余計なものを削ぎ落とし、養殖ブリの王道を行く、生産者の愛情を受けて育った養殖ブリの王様です。

抜群の仕上がり

海外の評価では、第5の味覚と呼ばれる「旨味」が抜群です。褐変までの速度も遅く仕上がっています。

『鰤王』
オリジナル飼料

Burioh Original

2005年(平成17年)、養殖ブリの品質の統一化に向け、東町漁協はオリジナル飼料「鰤王EP」「鰤王マッシュ」を開発しました。鰤王オリジナル飼料「鰤王EP」「鰤王マッシュ」によって養殖ブリは育てられ、年間を通じて安定した品質となります。そこに東町漁協の『鰤王』ブランドの強みがあります。(透明性をもったトレースにもなります)

鰤王オリジナルEP
主原料である
ミールのグレードの高さ

ミールの鮮度が良く、高性能が期待されることで、高い飼料効率も期待されます。

細かい成分まで規格化
栄養素量まで明らか

一般の飼料は主成分のみが明らかですが、養殖ブリ『鰤王』には原料のグレードおよび微量成分量まで徹底的に規格化しています。安定した内容によって、飼料メーカー側の都合による内容の変更もありません。

再生原料を
使っていない

養殖ブリ『鰤王』ブランドでは、残ったミールや再生油は一切使っていません。

日本語版パンフレット

クリックしてダウンロード

英語版パンフレット

クリックしてダウンロード